ゴミ屋敷問題

近年、各方面の方からゴミ屋敷についてご相談を受ける機会がございます。ゴミ屋敷と聞きますと、通常「なぜ、こんな状態になってしまうのだろう」と皆様は不思議に感じる事があると思います。
しかし、ゴミ屋敷とはセルフネグレクトというもう一つの問題があります。
セルフネグレクトとは、自己放任の事です。自己放任に至るまでの経緯は様々ですが共通する事は意欲が減退する事で生活環境が乱れて行くという事です。

生活環境が乱れるという事は、掃除や洗濯にはじまり食事さえ摂らなくなり不規則で不健康な生活を過ごしていかざるを得ない状態になってしまう事です。それがやがてゴミ屋敷につながっていくと考えています。
自己放任といいましても、住生活環境を整える事で生活意欲が戻り健全で健康な生活を過ごせるようになる方も大勢いらっしゃいます。住生活環境を整えるだけではセルフネグレクトの根本的な解決にはならないですが、少なからず福祉の手は入りやすくなります。

福祉の手が入る事で見守る体制が整います。この見守る環境を整える事が大事なのではないでしょうか?
遺品整理すみれでは方付けという側面から福祉と関係を持ち、住生活環境を整える事で健康で健全な生活が過ごせるようにお手伝いしてまいりたいと考えております。
現在、遺品整理業者や方付け専門業者が数多くある中で、遺品整理すみれでは県内で一般廃棄物収集運搬の許可を持つ業者に整理・整頓した後に引き取りにきてもらう取組を行っていますので、お困りの時は弊社までご連絡下さい。

お問い合せはこちら